リノベーションまちづくりワークショップ ~エリアの特性を分析しよう~

最終更新日:2022年07月27日
rennov_1

特定のエリアにおいて様々な事業者や不動産オーナーが協力して、テーマ性をもった連続的なテナント誘致により、エリア価値を向上させていこうという取組 エリアリノベーション(リノベーションまちづくりとも言う)が全国的に行われてきています。豊橋市でも、2019年頃から様々な方の取組みが始まっており、エリアリノベーションの機運が高まりつつあります。今年度は、対象物件2件(旧 中部コインビル、豊鉄ターミナルビル上層階部分)に対して事業提案を行いたい事業者・未来の事業者を募集しました!(※募集は終了しています。)
第1回は、まちあるきをしたうえで、エリア特性に関するワークショップを行いました。今後はこのワークショップで考えたエリア特性を基にして、物件活用の提案を検討していきます。

豊橋でのリノベーションまちづくり沿革

2019年:Toyohashi Renovation Meeting プロジェクト
2020年:豊橋市によるリノベ講演会により関心のある方々へのアプローチ
2021年:Renovation talk 2回実施. 意志ある大家からの物件提供と物件活用準備ワークショップ実施
2022年:ワークショップでエリア構想検討、空き店舗・ビルの大家への活用提案プレゼン

今後の予定

9/17 (Sat) 中間プレゼンテーション
12/18 (Sun) 18:30-20:30 ファイナルプレゼンテーション at PLAT創造活動室A(一般観覧可能)(予定)

ワークショップ成果物
rennov_3 rennov_4
rennov_5 rennov_6



💡 まちなかポート(旧 中部コインビル)の暫定活用
都市型アートイベントsebone」に向けて、アーティスト滞在制作スペースとして活用しています。2日に半日ほど作家の方がいらして制作をされています。

空き店舗・スペース活用の事業提案で、空き店舗・空きスペースの提供で、このプロジェクトにご協力頂ける方は、ぜひお問い合わせよりご連絡ください。