とよはしクリスマスマーケット2017のスペシャルゲストについて♪

最終更新日:2017年12月06日

皆さん、こんにちは!

クリスティーナ 自己紹介

初めまして!私の名前はクリスティーナ・リストです。よろしくお願いします。

私は今24歳で、普段はドイツのヴォルフスブルグ市に住んでいます。2か月だけ日本に滞在しており、そのほとんどを豊橋市で過ごしています。

私の故郷であるヴォルフスブルグ市と豊橋市は2011年からパートナーシティ提携を結んでいます。

ヴォルフスブルグ市と豊橋市は多くの分野で協力関係にありますが、今回、私は職員交流に参加する機会を得ました。私はヴォルフスブルグ市で生まれ育ち、大学を卒業して以来ヴォルフスブルグ市役所で働いています。これからの数週間、ドイツやドイツのクリスマスなどについて、みなさんにお伝えしていきたいと思います。

豊橋に到着する前の1週間、私は東京、大阪、京都、そして奈良を旅行し、フクロウや奈良公園の鹿に会いました。また、日本各地のたくさんの神社やお寺に行きました。

この最初の1週間の間だけでも、私はドイツと日本の文化にいくつかの類似点があることに気がつきました。その一方で、両国には違いもあり、その違いが私はとても好きです。例えば、日本の電車の運行システムは素晴らしいです。電車が時間通りに来て、みんなが私に親切にしようとしてくれるので、私はとても快適に旅行することができました。

私は現在豊橋市内でホストファミリーの家に滞在しており、日本の日常生活を体験しています。

このような経験は、普通に海外旅行をしていると絶対にできないことなので、私は日本の文化や伝統を日常生活から垣間見ることができることに非常に感謝しています。I

私の前半部の研修は、豊橋市多文化共生・国際課で行いました。この課は私がドイツで行っている仕事と同じ内容の仕事をしているため、大変興味深かったです。私は、ヴォルフスブルグ市役所でアジアやアメリカとヴォルフスブルグ市間の国際交流にかかわる仕事を担当しています。何年か前に、アメリカの市役所でインターンシップ制度を利用して働いたことがあったので、今回の研修で3カ国の地方自治体を経験したことになりますが、仕事内容が同じであっても、国によって細かな違いがありました。豊橋市役所では環境保護やエネルギー消費量削減に取り組んでおり、私はこういった市の努力に感銘を受けました。このことについては、ドイツでもぜひ提案してみようと考えています!

そして先週の月曜日から、とよはしクリスマスマーケット2017の準備をお手伝いするために、私はまちなか活性課に移りました。ドイツの人々にとって、クリスマスは、家族や友人が一同に集まり、お祝いする一年でもっとも重要な時期です。そして、クリスマスマーケットは、クリスマスのお菓子や飲み物を大切な人たちと楽しみながら、休暇の雰囲気を味わうドイツのとても伝統的なイベントです。

私は今回とよはしクリスマスマーケットをお手伝いできることを大変嬉しく思っており、今後のために様々な新しい提案を豊橋市にできればと考えています。また今回のクリスマスマーケットでは、ヴォルフスブルグ市のブースも出展されますので、豊橋市の皆さんに私の街、ヴォルフスブルグ市を知ってもらう良い機会です。ぜひお越しくださいね!

それではまた!

クリスティーナ

 

あたたかな光のイルミネーションが輝くまちなかへぜひお越しください♪

今年は毎週クリスマスマーケットのお知らせを更新していきますので、お楽しみに♪

毎週クリスマスマーケットのお知らせを更新していきますので、お楽しみに♪

1:「クリスマスマーケット概要」について(11月23日更新)

○クリスティーナの自己紹介!(11月28日更新)

2:ドイツのクリスマスについて(11月30日更新)

3:パートナーシティ「ドイツ『ヴォルフスブルグ市』」について(12月7日更新)

※クリスティーナからヴォルフスブルグ市について紹介してもらいますよ♪

※クリスティーナからドイツのクリスマスのおもしろ話を紹介してもらいますよ♪

4:「とよはしクリスマスマーケット2017出店者」について(12月14日更新)

○クリスティーナから今年のヴォルフスブルグ市のクリスマスマーケットの様子を紹介してもらいますよ♪

5:クリスマスマーケットの楽しみ方について(12月21日更新)

更新をお楽しみに!!