豊橋まちなかあるき「wonclo」

最終更新日:2014年10月28日

あなたは覚えているだろうか、”豊橋まちなかあるき”という企画が、このブログには存在していたことをーー。

豊橋のまちなかを散策して、気になった店舗に直撃し、インタビューしてブログにアップしちゃおうというこの企画。

……すみません、こちらサボっておりました。

記念すべき第1回目は料理学校のワンダーテーブルさんに直撃インタビューしました。
(※その際の記事はこちらからどうぞ。
豊橋まちなかあるき「ワンダーテーブル」 )

そこから約数ヶ月。
ついに帰ってきました、「豊橋まちなかあるき」。

久々の更新。
第2回目の店舗は、水上ビルに店舗をかまえる「wonclo」です。
2012年にオープンしたセレクトショップ。
店名は「wonder closet」の略で、
「ド派手な友だちのクローゼットをあけちゃった感じ」(店主・斉藤さん)をイメージしています。
店の名前の通り、店内には色鮮やかな衣服や小物が並んでいます。

IMG_1652

店主の斉藤さんは、地元・豊橋生まれ。
大学から東京に住み、その後は東京でアパレル関係の仕事をしていたそうなんですが、
自分のお店を持つために豊橋に戻ってきて「wonclo」をオープンしました。

「自分が高校生の頃は、水上ビルというとファッションの発信源だった。
水上ビルに出店しようと思ったのは、そういった自分の記憶があったから」と語る斉藤さん。
豊橋を離れてから10年以上経過していたため、豊橋の光景も薄れていく中で、
豊橋のシンボルになりつつある水上ビルでの想い出は、真っ先に頭の中に浮かんだそう。

客層について聞いてみると、
「愛知県で唯一取り扱っているブランドも揃えているため、
市内のみならず、県内、県外からのお客様が多く来てくれています」。

「たぶん、ネットで調べてきてくれてるんじゃないでしょうかね」と、斉藤さん。

woncloは、ネットをうまく利用している印象があり、
その中でもfacebookページは、温かみのある「ホッと」するような投稿が多く見受けられます。

「もちろん、ネットというのは便利なツールですが、
店頭での販売を一番大切にしていきたい」。
ネットでの発信は
「デジタル」から「アナログ」へと繋げるための1つの手段であると捉えている様子でした。

IMG_1654

品揃えに関して、
オープン当初は、メンズ物の衣服がメインだったようですが、
今はウィメンズ物や、小物も多く取り扱うようになったそう。
「自分がセレクトして仕入れたものと、
お客様が求めているものをマッチさせていくのは難しいが、
そこにやりがいがある」と語ってくれました。

OJAGADESIGNの商品が多く取り揃えられており、これを目当てにくるお客さんも多くいるのだとか。

「この規模の街で、メンズのセレクトショップが10店舗以上あるというのは誇れること。
この魅力をもっと発信していけたら」と話す斉藤さん。

「もう2,3店舗、水上ビルに面白い店ができたら、この街変わりますよ」。
最後にこう話した彼からは、豊橋に対する強い想いが感じ取れました。

IMG_1653

近隣では売っていないようなブランドが多く取り揃えてある「wonclo」。
近くに来たらぜひ「ド派手な友だちのクローゼット」を覗くような気分で、
足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

<店の外観>
IMG_1655

<ホームページ>
wonclo

<地図>

大きな地図で見る

woncloのfacebookページはこちらからどうぞ!