第11回都市型アートイベント「sebone」が開催されました

最終更新日:2014年09月09日

 

9月5日(金)~9月7日(日) 第11回 都市型アートイベント「sebone」が水上ビル、狭間児童広場豊橋駅南口駅前広場、穂の国とよはし劇場PLAT、MEIHOビル にて開催されました。

「セボネ」と聞くと真っ先に、「背骨」という字が思い浮かぶのではないでしょうか。                 

このアートイベント「sebone」はまさに、イベントが行われる水上ビルが上空から眺めると、巨大な生き物の「背骨」のように見えることから、その名前がきています。さらに、この水上ビルを「都市の背骨」と捉え、このエリアを中心にアートの力で人と街を元気にすることを目的とし開催されています。

 

今回はアートの展示や体験、音楽のステージ、スタンプラリーなどが行われました!

 

 水上ビルの通りには、様々な個性的なアート作品がズラリとそろい、みんなそれぞれに見入っていました。

CIMG1782

CIMG1783

 

アート体験ワークショップではみんなで折り紙で金魚を作り、巨大な金魚をつくりあげました!!

 

き・・・巨大な金魚!!!

CIMG1786

 

アートの他にも、音楽のステージや高さ30メートルを超えるはしご車の乗車体験など、ここでしかできない体験がたくさんありました。

 

CIMG1799

 

さすが高さ30メートル!!まちの様子が一望でき、水上ビルがまちの背骨だということがとてもよくわかります!!!消防士さんのサービスで、揺れたり、ターンするスリルがおまけでついてきます★

CIMG1803

スタンプラリーではスタンプを集めると、ハズレなしのふくびきができるので、みんな暑さに負けず、スタンプを集めていました!福引きのためか、スタンプポイントには列ができていました!                 

目当ての景品は当たったでしょうか☆

 

人もたくさん集まり、水上ビル周辺が活気に満ちていました!